インプラントとは、人工歯根という意味です。あごの骨に穴をあけ、歯の根の代わりをする支柱を埋め込み、その上に人工の歯を装着します。人工歯根に使われるのはチタンで、チタンの骨と結合する性質を利用することで、天然の歯と変わらない、新たな歯を手に入れることができる治療法です。
従来の入れ歯やブリッジとは異なり、違和感や異物感を感じることなく自然で美しくしっかりと噛める歯を手に入れることができるの、で今まであった様々な悩みも解消されます。


歯科ナチュラルのインプラント治療は、患者様の「安全」を第一に考えています

  • 来院後すぐに手術を勧めたり、そのまま手術をすることはありません。
  • まずは丁寧なカウンセリングを行い、患者様に合わせた治療計画を立てます。
  • お口の中の状態を十分にチェックし、本当にインプラント治療が必要かどうか見極めます。
  • 安全にインプラント治療できるように、設備や機器環境を整えています。
  • 長期間健全な状態に保つため、定期的なメンテナンスを推奨しています。


インプラント治療の流れ


1.診査と治療計画

インプラント治療に必要な診査を行います。

噛み合わせや、あごの骨の状態を確認し、さらにCTにより神経、血管の位置をチェックします。合わせて虫歯の有無、歯茎の状態、歯周病といったチェックも行い、インプラントの治療が可能かどうかを診断します。
まず先に、お口の中を健康な状態にすることで、治療時の事故を最小限に防ぎます。 その後治療計画を立てます。


2.インプラント手術を行うための「インプラントガイド」の作成

インプラント手術では、歯の根と同じ機能をする部品(=フィクスチャー)を顎の骨に入れます。

フィクスチャーを安全に埋入するためには、顎の神経や血管を避けて、必要な場所・方向・深さに正確に埋め込む必要があります。
正確に手術をするために、歯科ナチュラルではまず、インプラントガイドを作成します。CT画像を元に、患者様に合わせたガイドを作成いたします。


3.インプラントの部品(=フィクスチャー)の埋入手術

歯の根に相当するインプラントの部品(=フィクスチャー)を顎の骨に埋入する手術を行います。

手術にはインプランドガイドを利用し、切開の範囲を最小限に抑え、術後の歯肉の腫れや痛みを少なくし、手術時間も短縮できます。
局所麻酔を用いて行いますので、安心して手術を受けることが出来ます。



4.治癒期間


この後、骨とインプラントがしっかり結合されるまでの治癒期間を設けます。 (2~6ヶ月)
定期的に経過を観察し、お口の中の状態を見守ります。

※治癒期間は骨の質などにより個人差があります。

5.人工歯の装着

お口の中全体の型をとり、その型から人工の歯を作製します。

歯の色や形、噛み合わせを患者様のお口にフィットするように調整します。その後、お口の中のフィクスチャーに人工の歯を取り付けます。
歯科ナチュラルでは、強度が高く人体にとって衛生的なCAMLOGインプラントというドイツ製のインプラントを使用しています。


6.メンテナンス

インプラントを長持ちさせるためには、お口の中のクリーニングが大切です。

インプラントとその他の歯の状態も併せて、適切なホームケアを心がけ、定期的に検診をお受けください。


院内の医療設備については、『院内・最新設備』をご覧ください。



名古屋市天白区植田の歯医者

〒468‑0009 名古屋市天白区元植田3‑1505
TEL:052-807-8282
【駐車場12台完備】
最寄り駅:地下鉄鶴舞線 植田駅徒歩7分

お知らせサイトマップ歯科コラム