歯周病とは

歯周病は、歯の歯肉に近い部分についた歯垢(プラーク)の中にいる最近によって引き起こされる病気です。
歯と歯ぐきの境目についた歯垢から、歯の根にそって歯周病菌が入り込み、歯を支えているまわりの組織をじわじわと壊していくのです。


歯を失う最大の原因です。

統計によると、35歳で80%以上の人が歯周病になっています。
いかし、35歳になってから突然、歯周病になるわけではありません。実は、10代から少しずつ進行していき、20数年の歳月をかけて、歯肉をジワジワとゆっくり冒し、歯ぐきから血がでるという自覚症状がでる30代の頃には、もはや歯肉炎・歯周炎になっています。
虫歯と違ってほとんど痛みがないため、気がついた時には抜くはめに・・・なんてこともありえる横綱級のこわい病気です。


悪化するとこんなにコワい!

歯周病の進行段階は、大きく分けて「歯肉炎→軽度歯周炎→中等度歯周炎→重度歯周炎」という四段階に分けられます。
ほとんどの人は、〈歯肉から血が出る〉といった自覚症状を感じてから、初めて歯科医院の診察を受けにきますが、このような症状があるときは、かなり悪化した状態なのです。
ついつい放っておいて歯周病が悪化し、歯を抜くと多くの障害が出てきます。50歳代で“自分の歯がほとんどない”ということにならないよう、日頃から歯周病の予防にぜひ心がけて下さい。


日頃のケアで予防できます

毎日のブラッシング

毎日、きちんとブラッシングをして丁寧に歯垢を取り除くことがたいせつです。ただし、[磨いている]と[磨けている]は異なります。当医院では、しっかりとしたブラッシングの仕方を指導させていただきます。

定期検診

歯垢を放っておくと、石のように固い歯石になります。こうなるともう日常のブラッシングでは取れません。3ヵ月に一回は定期検診にお越しいただき、歯石除去と歯の健康チェックをさせていただきます。

早めの診察

歯周病は、初期のうちなら完治することができますし、かなり悪化しても、現在は治療法の進歩で、適切な治療とセルフケアをきちんとすれば、抜かなくてもすむケースが多くなってきました。少しでも自覚症状があったら、痛みがなくても積極的に診察にお越し下さい。



名古屋市天白区植田の歯医者

〒468‑0009 名古屋市天白区元植田3‑1505
TEL:052-807-8282
【駐車場12台完備】
最寄り駅:地下鉄鶴舞線 植田駅徒歩7分

お知らせサイトマップ歯科コラム